Lame's blog from NewYork

「アメリカで暮らしてみたい」という夫の10年越しの夢がとうとう叶うことに。夢のその先に何が待っているのか。怖がり泣き虫甘えん坊の一人息子(4y)がただただ心配。

Day56_Thanksgiving partyと習い事の体験


2022.11.23 Wednesday
やっと登園出来る体調になった水曜日…、、、
絶好調じゃないにしろ、息子もなんとなく「あれ、行けるわ。」みたいなテンションで。(どんなテンション)

「着替えるよ〜」って言ったらスムーズに着替えさせてくれて、自らガレージに降りていく。

そしてschoolの駐車場につくと、近くに日本人のお友達の車が。
勝手に車の窓を開けて、「おーい!○○くーん!」って大声で呼んでいた。

元気だ…良かった…
というか、息子もずっと自宅安静だったから友達と遊びたいんだよね。

いってらっしゃい!


息子をschoolに送り出して、掃除して買い物行ってお昼ご飯を食べて、いつもより1時間早い14時にschoolへ。
明日木曜はThanksgivingDayで祝日。(ついでに金曜も祝日)
という訳で、一足早くクラスでThanksgivingParty!
→大人は1名参加のルールで旦那は留守番。(というか仕事)


子供たちはお昼にみんなでピザ食べたんだって。
こういうの楽しくていいよね。
(日本だと、保育園でピザの出前とるとかなさそう(笑))



20人くらいのクラスで、親も15人くらいは来ていたかな。
→ちなみに半分くらいパパだった。

クラスに入ると子供たちが並んでいて、先生の合図で歌を披露。
女の子が積極的に前に出てちゃんと踊って、男の子たちは後ろの方で思い思いに振り付けしたり立っていたり(笑)
いや〜、この男女の感じは世界共通だ(笑)

そして準備されていたクッキー、カップケーキ、フルーツポンチ、ジュース、水から好きなものを取ってあとは自由に食べたり、教室のおもちゃで遊んだり。

息子はわたしが部屋に入った時から、わたしを見つけて手を振ってすごく嬉しそう(笑)
その様子から「あ、元気だ。」と一安心したわたし。


歌は「幸せなら手を叩こう」の英語verだったけど、息子も息子なりに手を叩いたり足踏みしたり頑張ってた〜。

そしておやつはクッキーを取って、日本人のお友達の前に座ってむしゃむしゃ。
先生が「○○(息子は)は、チョコカップケーキじゃなくていいの?」って言ってて、チョコレート好きバレてる(笑)
そして先生が水を配っているとき、ちゃんと日本人の子たちには「ありがとう(thankyou)って言うのよ。言ってみて。」って促してくれてた。



クッキーを食べ終わったら、息子は教室のおままごとコーナーで女の子に囲まれておままごと。
息子の名前を呼んでくれるお友達もいて、いつもこんな風に過ごしているのかなぁ〜ってちょっと嬉しい。
→息子が唯一(?)覚えているクラスメイトのママに、勇気を出してめっちゃ拙い英語で(笑)話し掛けたらすごく優しかった。


Partyはいつも通りフリーダムの自由解散。
先に帰るお友達に、クラスの子がハグして「Bye!」って言っててめっちゃアメリカン。
便乗する息子。


時間ギリギリまで遊んで、最後は注文していたパンプキンパイを受け取る。
→ThanksgivingDayはターキー丸焼きとパイが王道。
せっかくの渡米1年目なので、3人家族だけどターキー1羽買っちゃった。
パイはschoolで案内があったからオーダーしていた。


このパンプキンパイ、帰宅して食べたけどめっちゃ甘くて美味しい〜!!!
そして巨大&ずっしり(笑)
もちろん、我が家の男たちは味見程度でほぼ食べない。
→想定内。ていうか、1切れで1食分くらいの満腹感。どんだけ砂糖使ってるの。


*******


Partyのあとはそのまま帰宅…ではなく、実は先週体調不良でキャンセルしていた習い事の体験へ!
今日もどうかなぁと思っていたけど、普通に元気になっていて本人も「行く〜。やる!」とのことだったのでそのまま施設へ。(ここで旦那合流)


その習い事は…


KARATE!


日本人がアメリカで空手。
面白いよね!

空手といっても、3〜4歳の未就学児向けのクラスなので、schoolみたくお友達とただ身体動かして楽しんでもらえたらいいなって。
→運動とか苦手な息子。

言葉が分からないから座って何かを聞くのは退屈だろうけど、身体動かすのに言葉はいらない!



ここ、家から歩いていけるくらいの距離にあって、看板が出ていたからいつも気になってて。
体験も1日じゃなくて2週間出来て、お友達のAさんの息子さんも、体験や友達の誕生日会で行ったりしてたみたいで。(アメリカは大体誕生日プランがある)
楽しいから気軽に行ってみなよ〜って。



施設に到着して、まずは体験の同意書書いて、あとは靴と靴下脱いで待っててねと言われる。
アメリカは靴脱ぐことないから超珍しい!(schoolのお昼寝中も靴は脱がない)
同意書を書き終わると、息子の名前のスペルを確認されて、なんと白帯をもらえた!(名前手書きしてくれた)
腰に巻いてもらって息子も嬉しそう。


中は道場(っていうの?)エリアと親が見学出来るエリアが窓で仕切られていて、開始時間になると先生と子供たちが道場エリアへ。
息子も、始まるまでは待合いエリアの窓から中をみて「わぁ〜!いいね〜!楽しそう!(ボールとかクッションとか色々置いてある)」って言ってたからすんなり入るかと思いきや…

道場エリアに入ると泣き出す(笑)

うん、想定内。
→わたしと旦那は窓越しにすぐ目の前にいるのだが。


すると先生が、初めてで不安だろうからママも中に入る?と言ってくれて、わたしも一緒に中へ。
→他の親にめっちゃ見られてる中、屈伸とかジャンプを一緒に頑張った(笑)


息子はわたしと手を繋ぐと「初めてだから、ちょっと怖くなっちゃったの…(照)」と。


はい、いつも通り。


高校生くらいのバイト?っていう感じの可愛らしい女の子がクラス担当で、同じく若い男の子のサポートが2人の計3名体制。
生徒は息子を入れて8名。
少人数で良い感じ。


<30分>
*ジャンプ
*ストレッチ
*コーンに向かって走って折り返し
*↑をウサギ飛びで
*↑を四つん這いで
*↑をほふく前進で
*↑を後ろ走りで
*吸盤で壁にくっつくおもちゃを壁に向かって投げる
*バランスボールにキック・パンチ(唯一の空手要素?笑)


3〜4歳クラスだから、どれも短い時間で飽きないように次々と実施して、子供たちは遊び感覚で(実際どれも遊びなんだけど(笑))すごく楽しそう。
でも要所要所で先生が「はい、真っ直ぐ立って」「こっち見て」「話を聞いて」って注意を引きつけてくれててしっかりしてた。
そして「好きな食べ物は?」とか「ウサギみたくジャンプする動物は他にもいる?」とか話しながらやってて。
すごく良かった〜。

息子もコーンに向かって走る…あたりからめっちゃ笑顔で。
ほふく前進とか後走りが、思ったよりも上手で驚いた(笑)

ちなみに「真っ直ぐ立って」は息子が一番上手だった(笑)
→「ピッ!」って言って手を横につける息子。

30分も「あっという間」くらいで、飽きやすい息子にはちょうど良い。



そして最後に、道場エリアのドアから出る時にシールをもらって終了。



この空手教室、週1回じゃなくて、1週間に4日間3〜4歳クラスを開講しててなんと通い放題!
週に4回通ってもOK!
めっちゃ良くない?笑
(回数関係なく、1ヶ月通い放題の月謝制)


息子も「楽しかった!」って言って、終わった後も窓越しに道場でやってる次のクラス(小学生組)みたりしてたからまたご機嫌に行ってくれるといいな…。
2週間は体験で無料なので、通えるだけいくぞ〜。


*******


そして帰宅してご飯を食べて、息子は18時にソファで寝落ち。
(再び発熱しませんように…)

明日から4連休。
息子、お疲れさまでした。
ゆっくり過ごそうね。
→でも息子はそろそろ全快すると思う。なぜかというと、旦那にうつったから(笑)

わたしは頑張ってターキー丸焼きするぞ。





ラメ